ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「デッドゾーン」 S・キング映画化作品の最高傑作!

 デッドゾーン (原題:THE DEAD ZONE)
1983年カナダ映画



         
個人的に、文句無しにスティーブン・キング映画化作品の最高傑作だと思います。
スティーブン・キングがよく題材とする「特殊な能力を持ったがために悲劇的な状況に陥る」ストーリーですが、他の作品よりもホラー/SF的な要素を抑えているために、サスペンスとして、またラブストーリーとして非常に奥深いドラ マを楽しませてくれます。

高校教師ジョニーは交通事故によって昏睡に陥り、5年後突然目覚めます。
恋人は別の男と結婚し、仕事も無くし、失意の中で社会復帰を目指している最中、人の体に触れると相手の過去や未来を追体験できる能力が備わっている事に気付きま す。
その能力を活かして火事から子供を救ったり、連続殺人事件を解決したりしますが、その能力を使う度にジョニーの体は衰えていきます。
ある日、群衆の中に昔の恋人を見つけ人ごみの中を探している時、選挙活動中のスティルソン候補と偶然握手を交わす羽目になります。
その時ジョニーが見たものは、大統領にまで上り詰めたスティルソンが核ミサイルのスイッチを押すという戦慄の未来。
自分にしか知る事のできない忌まわしき未来を変えるべく、孤独な戦いを決意するジョ ニー。
人類の未来の為、ライフルを隠し持って単身選挙演説会場へ潜入した彼を待っていた運命とは・・・。

本作成功の鍵は、原作のスティーブン・キング、監督のデビッド・クローネンバーグ、主演のクリストファー・ウォーケンが、それぞれの役割を見事に果たしている点にあると思います。
特殊な能力ではなく、苦しむ主人公の内面にスポットを当てたキングの原作。
原作の趣旨を理解し、クローネンバーグ独自の世界観を抑えた控えめな演出。
難解で独特な作品が多いクローネンバーグは評価が真っ二つに分かれる映像作家ですが、デッドゾーンを見ると彼がただの変態作家ではないことが理解できます。
そして、優しさと悲哀を背負った主人公を見事に表現したクリストファー・ウォーケン。
彼以外の俳優ではこの作品は成立しなかったでしょう。
まさに三位一体。
見終わった後にこれほどまで原作者、監督、俳優に対する尊敬の思いが溢れてくる作品は珍しいと思います。

繰り返し何度見ても、止めどなく込み上げる感動でエンドロール中盤まで立ち上がる事が出来ません。。。


         

 

テーマ:SF映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/13(火) 01:54:36|
  2. SF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ザ・フライ」 悲しい愛のゲテモノホラー | ホーム | 「ビデオドローム」 この悪趣味は現実か?幻覚か?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/46-f70fdbf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (35)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (77)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (24)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR