ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ウォーキング・デッド」に思う事

以前も「ウォーキング・デッド」にはまってるというエントリーをアップしました。
ここにきてさらに「ウォーキング・デッド」熱が高まっててヤバイです。
シーズン1がDVDで発売された直後から見ていますが、実は”終着駅”の序盤でちょっと冷めつつあったんです。
で、シーズン5の中盤に差し掛かるあたりからは暫く寝かせてから見始めたのですが、それからは衝撃的な展開が続いたため一気にシーズン5を見終わりました。
シーズン6もDVDの発売を待って見始めましたが、後半が我慢できずにFire TV Stickを購入して一気に見ました。
しかし、大変なことが起こっているのにその全貌を見せなかったシーズン6のラストシーンが気になり、結局Huluの会員になって現在はシーズン7にどっぷりはまっています。

それにしても、本当に「ウォーキング・デッド」はすごいですね。
最初はゾンビアポカリプスな世界を舞台にしたソープオペラ程度に考えていたのですが、いやいや、これはそんな軽いものではなく、それまでのゾンビ映画の概念や常識を完全に覆してしまうほどの大きな影響力を持った作品です。
ただ単にゾンビ映画の歴史をぶっ壊したわけではありません。
「ウォーキング・デッド」の立役者、特殊メイクアーティスト兼プロデューサーのグレッグ・ニコテロは、あのトム・サビーニの補佐として、ジョージ・A・ロメロ監督の「死霊のえじき」にも関わったお方です。(しかも生首ゾンビにされる兵士で出演もしてましたね)
そういう意味では次世代のゾンビ映画の正統な後継者ですね。
その彼が、ロメロやサビーニが独立系プロダクションで細々と築いてきたゾンビ映画の完成形を、伝統を守りつつバラバラにして、再構築した結果生まれたのが「ウォーキング・デッド」ではないでしょうか。
日陰の存在だったゾンビを、茶の間のテレビに毎週映し出したというニコテロさんの功績はもっと評価されてもいいですよね。

そんなニコテロさんですが、「ウォーキング・デッド」のいくつかのエピソードを監督しています。
最近気付いたのですが、ニコちゃんが監督する回は色々な形で激しい展開になることが多いということ。
大量のゾンビが出てきたり、グロシーンが見せ場だったり、残酷な展開が用意されていたり、重要な人物が死んでしまったり…。
シーズン6の第9話とか、ニコテロ監督の気合をめちゃくちゃ感じました!

ただ最近、ゾン…じゃなくてウォーカーの殺し方が雑になってますね。
脳を破壊しないと倒せないっていうルールだったのが、いつしかクビにナイフを刺すだけで倒せちゃってますね。
絶対に脳まで届いてないな…っていうシーンが多いのが気になります。
刑務所でヘルメット被った武装警官ウォーカーを倒す時、顎の下から脳を突き刺したあたりから首狙いが増えてきたような。
そういう基本的な所はしっかり抑えてほしいですね~。

【注意】
以下、シーズン7・第一話のネタバレがあります!!
内容を知りたくない場合、スマホの方は下にスクロール禁止、PCの方は「続きを読む」をクリック禁止です。






シーズン6のラスト、ついに姿を現したニーガン。
有刺鉄線グルグル巻きのバット”ルシール”が誰かの頭に振り下ろされたところで終了していました。
シーズン7の第一話で明らかになったその犠牲者は、最近サシャといい感じになっていたエイブラハムでした(泣)
結構好きなキャラクターだったので、繰り返し振り下ろされるバットで頭部が粉々に砕かれた姿はかなりショックでした。
死の直前、ニーガンに悟られぬようサシャにそっとピースサインを見せ、それに気付いた彼女が泣き崩れるところがもう悲し過ぎて格好良すぎて。
ただ、サシャとロジータを二股に掛けるなど突然モテ期が到来してた最近のエイブラハムには、何となく死亡フラグが見えてたような気がしたので「やっぱりね。」という感じでした。





エイブラハムの死が他のメンバーに対する見せしめになり、満足したと思われたニーガン。
ところが、今度は突然、グレンの頭部にルシールを振り下ろす!!!
夜中に一人で絶叫しましたわ。。。何でグレンなのよ。。。
しかもニコテロ監督の鬼畜ぶりがスゴイ。
1stシーズン序盤から貢献してきたグレンなのに、その死に様に容赦なさすぎ。
眼球は飛び出してるわ、額は窪んでるわ…と思ったら、エイブラハム同様に首から上が原型をとどめないほど滅多打ち。
しかも身重の奥さん、マギーの目の前で。
無残な姿で「また君を見つけるよ。」とマギーに来世を約束しつつ、死んでいったグレン。。。救いが無さすぎます。
マギーのお腹の中にいる子供が救いなのかもしれないけれど、果たしてこの衝撃展開の穴埋めになるんだろうか。
例えニーガンがどんな酷い殺され方で倒されたとしても、カタルシスを得る事はできないんじゃないかなあ。

ほんと、勘弁してよニコテロさん。。。
この展開をきっちり収拾してくださいな。

最近、新シリーズ&フィアー・ザ・ウォーキング・デッドと並行して、またシーズン1から見始めていました。
それがちょうどシーズン2に入ったところだったんですが、グレンとマギーの出会いや、マギーがグレンの童貞を奪うエピソードとか、泣きどころじゃないシーンで涙がとまりませんです。。。

妊娠初期のマギーがこれからどうなるのか気掛かりで仕方ありません。
ショックから立ち直って、元気な赤ちゃんを産んでほしいと心から願います。。。

テーマ:ゾンビ映画 - ジャンル:映画

  1. 2016/11/07(月) 00:38:35|
  2. ゾンビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ウォーキング・デッド」のルシール | ホーム | 「10 クローバーフィールド・レーン」 タイトルに惑わされずに見ましょう(汗)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/355-7b788790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (6)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。