ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「グエムル-漢江の怪物」 韓国映画界が放ったモンスター映画の佳作

「グエムル-漢江の怪物」
(英題:THE HOST)
2006年韓国映画




韓国映画界が放ったモンスター映画。
公開当時劇場で見ましたが、今でも時々見たくなる作品です。

韓国を流れる河川、漢江(はんがん)に、在韓米軍が流した薬品が原因で突然変異したモンスターが出現。
人々をさらっては巣に連れ帰っていた。
目の前に出現したモンスターに反撃を食らわせた中年男カンドゥだったが、中学生の娘がさらわれてしまう。
モンスターと接触したカンドゥは捕えられ、医療機関で厳しい検査を受ける事になる。
そこで娘の携帯電話から着信があり、生存している事を確信したカンドゥは、父親、弟、妹の力を借りて病院を脱出。
モンスターを追いかける。。。

モンスターは勿体ぶらずに最初からその姿を見せまくります。
ピーター・ジャクソン監督の息が掛かったニュージーランドの会社およびアメリカ西海岸のスタジオで制作されたモンスターのCGは、2006年当時としてはかなりハイレベルなクオリティ。
モンスター映画好きにとってはなかなか見ごたえがあります。

冒頭、突然川沿いの公園に怪物が現れ人々に襲い掛かる場面がスピード感がありスリリング。
そこだけ見ると以降のハイテンションな展開に期待が高まりますが、それ以降はわりとゆったりお話が進みます。悪く言うとグダグダ。
でも退屈と感じる寸前でモンスターがちょこちょこ姿を見せてくれるのがうまい。良く出来てます(笑)

孫娘を捜索する一家のキャラクター描写にはちょっと難あり。
父カンドゥは父親が経営する売店を手伝っていますが、店番しながら居眠りしたり、昼間から酒を飲んだり、売り物をつまみ食いしたりとかなりのダメ親父。
それが娘を助ける過程で立派な父親に変化していくのかと思いきや、ずーっと情けなく緊張感のないままなんです。
娘をさらわれたショックで正気じゃいられないという気持ちは分かりますが、娘を助け出したい!という強い意志があまり見えてこない。
なので、観客が感情移入するのを拒んでいるように感じてしまうんです。
またおじいちゃんもちょっとコミカル過ぎて緊張感を削ぐ一因となっています。
最後の最後、モンスターと対峙する一瞬だけ強いカンドゥが見れますが、それよりも際立って格好良く見えるのが妹。
アーチェリーの選手という設定で、火の点いた矢でモンスターに会心の一撃を食らわせます。
いいとこ無しの主人公カンドゥさん(笑)

ラストは韓国映画お得意の「最悪の結末を美談にまとめる」手法。
監督はきれいにまとめたつもりなんでしょうが、私としては非常に後味が悪い終わり方でした。
韓国映画は頑張った登場人物も情け容赦なく死なせるからねえ。

その他、展開に説明不足な点があったりといまいち完全燃焼しきれない部分もあり、映画作品としては100点満点中70点くらい。
でもこの作品が世間で高く評価されているのは、やはり怪獣映画としてのスペックの高さからでしょう。

監督は「殺人の追憶」「スノーピアサー」などのポン・ジュノ。
以前に「殺人の追憶」も見ていたので、こんな怪獣映画も撮れるんだと驚いた記憶があります。
主演のソン・ガンホはポン・ジュノ作品の常連であり、「殺人の追憶」でも主役の刑事を演じていました。
またカンドゥの妹を演じていたペ・ドゥナは、日本映画「リンダ リンダ リンダ」や、ハリウッド映画「クラウドアトラス」などにも出演していますね。

ちょっとした突っ込みどころはあれど、製作から10年も経った今でも繰り返し楽しめるんだからスゴイ。
韓国映画のパワーを十分に感じる事ができる作品のひとつですね。

 



 

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2016/07/16(土) 23:13:18|
  2. モンスター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ウォーキング・デッド」が待ち遠しい… | ホーム | 「ジャンク / 死と惨劇」シリーズ 日本が産んだ残酷ドキュメンタリー(風)作品>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/347-e01601bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (36)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (77)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (24)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR