ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」 80'スラッシャー映画ファン必見の傑作コメディホラー!

「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」
(原題:THE FINAL GIRLS)
2015年アメリカ映画




ファイナル・ガールとは、80年代を中心に流行したスラッシャーホラーで、最後に生き残って殺人鬼にとどめを刺す女の子の事です。
「13日の金曜日」ならアリス、「13日の金曜日PART2」ならジニー、「13日の金曜日PART3」ならクリス、「13日の金曜日・完結編」ならトミー…は男の子なのでそのお姉ちゃんのトリッシュ…などがファイナル・ガール。
この作品は、ジェイソンのような殺人鬼が暴れ回るスラッシャーホラー映画の世界に迷い込んだ若者たちが、ファイナル・ガールになるために戦うというコメディホラーです。

事故死した母親が若い頃に出演した80年代のスラッシャーホラー「血まみれのキャンプ場」の上映会に、ゲストとして招待された娘のマックス。
しかし映画館が火事に見舞われ、逃げ場を失ったマックスとその友人たちは裏口から逃げるため、「血まみれのキャンプ場」が映写されるスクリーンを切り裂き、穴をくぐり抜けた。
ふと気が付くと、森の中に倒れているマックスたち。
状況が掴めない彼らの前に一台のVWバスが通りがかり、助手席の少女がキャンプ場への行き方を尋ねてきた。
それは「血まみれのキャンプ場」のオープニング場面と全く同じだった。
車に乗っているのは軽薄男のカート、頭の弱そうな少女ティナ。
彼らを軽くあしらって森からの脱出を試みるが、同じところを回るだけでいつまで経っても抜けられない。
しかも、決まった場所まで来ると必ず先ほどの車が現れ、ティナがキャンプ場への行き方を聞いてくる。
映画のストーリーが進むよう回答をしなければいつまでも森から抜けられないと悟ったマックスたちは、彼らの車に乗せてもらい、とりあえずキャンプ場まで向かう事にする。
車が走り出すと、3列目シートで眠っていたナンシーが目覚めて顔を出す。
彼女こそが亡くなったマックスの母、アマンダが演じたキャラクターだった。
母親との久々の再会に溢れそうになる涙を堪えるマックスだったが、彼女は「血まみれのキャンプ場」の登場人物であるナンシーのためマックスの事は知らない。
キャンプ場へ到着してから、自分が娘であることを隠したまま、本来映画の中では殺される役だったナンシーを救えないかと助言を与えるマックス。
その頃、森の中ではマスクの殺人鬼、ビリーの大量殺戮が始まっていた。。。

この映画、自分的に「どストライク」でした!
当ブログをご覧頂けるとお分かりかと思いますが、元々80年代の殺人鬼映画が大好物です。
そんな80'スラッシャー映画のあるあるネタやパロディが盛りだくさんの時点で楽しくない訳がない!
さらに笑いのセンスもなかなかで、単なるくだらないバカコメディではなく、ちゃんとしたストーリーの中に笑いが散りばめられています。
しっかりしたストーリーがあり、一つの作品としてもちゃんと見れるクオリティなので、見終わった後の満足感も高いです。
しかも、予想外に思いっきり泣けました…。
死んだお母さんとの再会、しかも出会えたのに他人を装わなければならない主人公の葛藤。
やばい、思い出しただけで涙が出てきた。。。

またキャスティングが素晴らしい。
主人公マックスを演じるのはタイッサ・ファーミガ。
あのヴェラ・ファーミガの妹だそうで確かに顔はそっくりなんですが、どう考えても年齢に違和感があります。
調べてみたら年齢差21歳ということなので「親子の間違いでは?」と思いましたが、本当に姉妹なんだそうです。
そのマックスと一緒に映画に飛び込む友人たちもこれから活躍しそうなスター予備軍が勢ぞろい。
どの子もいかにも現代に居そうな平均的な若者たちです。
対して「血まみれのキャンプ場」の出演者たちはもろに80年代顔しているのが対照的で面白い。
みんな80'スラッシャーの殺され役にぴったりの顔をしてます。もうそれだけで笑える。

ホラー映画は全般的に好きですが、中でもゾンビ映画と80'sスラッシャー映画は特に好きです。
初めて「ショーン・オブ・ザ・デッド」を見た時、単なるパロディやコメディではなく、ゾンビ映画へのリスペクトを感じる素晴らしい作品だと感動しましたが、同様に「ファイナル・ガールズ」も80'sスラッシャー愛に満ちた作品だと思います。
この手の映画ファンとして、こんな素晴らしい映画を作ってくれたスタッフに感謝しまくりです。

ひとつ残念なのは、日本ではDVD発売のみという点です。
映像も結構凝っててきれいなので、是非Blu-rayでも発売して欲しい。
最初にレンタルして、結局DVDも買っちゃったけど、Blu-rayが出たら絶対に買い直します!
それくらいお気に入りの作品です!!
「13日の金曜日」「バーニング」などがお好きな方は必見の一本ですよっ!!!


テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2016/02/04(木) 19:46:30|
  2. スラッシャー(殺人鬼)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「クリープショー」 北米盤Blu-rayをGET! | ホーム | 「ウォーキング・ゾンビランド」 「ウォーキング・デッド」「ゾンビランド」を始めとするゾンビ映画のパロディ満載>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/333-1fbb299b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (6)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。