ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」元祖ゾンビ映画

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド (原題:NIGHT OF THE LIVING DEAD)
アメリカ1968年度作品

ジョージ・A・ロメロ監督デビュー作であり、またゾンビ3部作の記念すべき1作目でもあります。
ニューヨーク近代美術館に永久保存されているという歴史的名作です。
墓参りに来たジョニーとバーバラの兄妹が墓地を歩いていると、フラフラと歩く男がバーバラに襲い掛かってきた。
ジョニーはバーバラから男を引き離すが、もみ合ううちに転倒して頭を打ち、気を失ってしまう。
バーバラは再び襲い掛かろうとする男から必死で逃げ、郊外の一軒家に辿り着く。
暫くするとそこへ黒人青年ベンが駆け込んでくる。
二人はテレビで、死者が甦って人間を食い始めた事と、彼らに噛まれた者もまたゾンビとなって人を襲うと言う事実を知る。
恐怖で放心状態のバーバラをよそに、ベンは家の窓を塞ぎ、ゾンビの侵入に備えた。
また、無人かと思われた民家だったが、地下室から数名の生存者達が現れた。
若いカップルと、中年夫婦とその娘が隠れていたのだった。
しかし地下に籠った方が安全だという中年男性ハリーに対し、ベンは万が一の逃げ場がある1階に留まった方が良いと主張。
二人の意見は真っ向からぶつかり、ハリー夫婦一家は地下へ潜り、1階にはベン、バーバラ、カップルが残った。
しかし地下に横たわるハリーたちの娘は、既にゾンビに噛まれ負傷していた。。。

ジョージ・A・ロメロ監督はこれがデビュー作とはいえ、それまでCMや企業プロモーション映像などを手掛けてきただけあって素人っぽさは微塵も無く、手堅い演出を見せます。
自主制作のような低予算作品ですので派手な特殊効果はありませんが、それでも食い荒らされた遺体や、内臓を頬張るゾンビなど、後の大作ゾンビ映画へと繋がる印象的なシーンが多数見られます。
映像はモノクロですが、だからこそ暗闇の中からユラユラ現れるゾンビは本当に不気味。
またこのモノクロ撮影がドキュメンタリー風の臨場感を生み出しており、モノクロをハンデにはせず上手く利用しているのが素晴らしい。

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」も後のロメロ作品と同じく、内部の人間同士のいざこざが最悪の結末へと向かわせます。
そしてラストの後味の悪さはかなりのもの。
「えーーーーーーーっっっっっ!!!!!」というオチです。
詳しくは見てみて下さいね。

  

テーマ:ゾンビ映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/27(火) 00:01:20|
  2. ゾンビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ゾンビ」最も有名で成功したゾンビ映画 | ホーム | 「ザ・カー」 悪魔の車が人を襲う!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/32-d8052b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (35)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (24)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR