ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

ホラー映画の年齢制限とボカシによる改悪

イライジャ・ウッド主演でリメイクされた「マニアック」が間もなくDVD&Blu-rayで発売されるので情報収集してました。
その時、ちょっと気になるブログを発見。

samurai_kung_fuさんのブログで、ホラー映画の刺激的なシーンにボカシを入れるという配給会社の対応について書かれています。
ホラーが好きな方は是非一度読んで欲しい内容なので紹介させて頂きます。

レイティングをぶっ飛ばせ! ~映画改悪ブーム到来~
http://d.hatena.ne.jp/samurai_kung_fu/20131028

前述の「マニアック」ですが、公開直後から劇場で見た大勢の方が「残酷なシーンにボカシが掛けられていた」と発信してました。
それを聞いて私も劇場へ見に行くのをやめたクチです。
年齢制限を下げて大勢の人が劇場に来れるように…という配給会社の思惑からなのでしょうが、大きな勘違いだと思いました。
見れる層が広がっても、元々見に行くつもりだったホラーファンが見に行かなくなるって。
レイティングを下げた事で見れるようになった人たちがどれだけホラー映画が好きな層なんだろう?
そもそも、見たい部分が見れない映画なんて誰も見に行かないのでは?
刺激を求めてホラー映画を見るのに、刺激が無くなったら見る意味が無くなると何で気付かないかな。
こんな行為が当たり前になったら、日本でホラー映画なんて誰も見に行かなくなりますよ。

ちなみにこれがリメイク版「マニアック」本国予告編の刺激強いバージョン。


そんな愚かな行いがクロエ・グレース・モレッツが主役を演じるリメイク版「キャリー」でも繰り返されているそう。
オリジナルが好きだったので「キャリー」も見に行くつもりでしたが、やっぱやめました。
しかもこっちは本国がR15なのに対して日本ではPG12ですって。
「クロエちゃん、かわええ」なんてハァハァ言ってるのはおっさんばっかであって、中学生がコアターゲットではないでしょう。
その少年少女のために本気のホラー映画ファンを蔑ろにするってのは百害あって一利なしでは?
中学生には中学生向けに作られた作品を見せてあげればいい。
作品を削ってまで無理に大人の映画を見せる必要はないと思います。

リメイク版「キャリー」本国予告編はこちら。


配給会社もボランティアじゃないのは分かる。
でも作品を改悪する前にもうちょっと考えてもらいたいです。
わざわざ劇場まで足を運ぶ観客をもっと尊重して欲しいです。

(ちなみにゴアシーンじゃないけど、「ぼくのエリ/200歳の少女」のボカシも完全に蛇足でしたね。)

マニアック」DVD & Blu-rayはボカシ無しのアンレイテッドバージョン♪
 

「ぼくのエリ/200歳の少女」はDVDにもボカシあり(涙)

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2013/10/31(木) 19:16:06|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ダーク・フェアリー」 少女に襲い掛かる地下室の魔物 | ホーム | 「リング」 世界が認めた日本が誇るホラー映画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/254-9247467b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR