ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「ザ・フォッグ」 霧の中に潜んでやって来る亡霊!ジョン・カーペンター監督のオカルト作品

ザ・フォッグ (原題:THE FOG)
1980年アメリカ映画


        
ジョン・カーペンター監督の霧を題材にした幽霊もの。
きれいにまとめた正統派怪奇映画といった趣ですが、迫り来る霧の恐怖の描き方など、奇才の才能がいかんなく発揮されています。

港町アントニオベイでは、街の生誕100周年を祝う準備が進められていた。
しかしその頃から沖合いより不気味に光る霧が押し寄せてくる。
この霧の中には亡霊が潜んでおり、霧に包まれた者は襲われてしまう。
亡霊たちの目的は何なのか。。。

100年前に
アントニオベイを設立した先祖達は、富豪の乗る船を霧の海上で座礁させて殺し、その財産を奪って街を作り上げたのでした。
富豪たちは亡霊となり、末裔たちに復讐するために海から帰ってきたのです。

主演は当時のカーペンター監督夫人であり、「クリープショー」などにも出ていたエイドリアン・バーボー。
霧から息子を守る為に頑張るDJ役です。
謎解きに奔走するのが名脇役トム・アトキンス(「クリープショー」でわら人形の餌食になる親父)と、「ハロウィン」に続いて出演のジェイミー・リー・カーティス。
ちなみに
ジェイミー・リー・カーティスの実の母で、「サイコ」で有名なジャネット・リーも出演しています。
絶叫クイーンの親子競演というのが楽しいですね。

スタッフでは、カーペンターは今回も監督業の他に音楽も担当。
いかにもカーペンター映画らしい雰囲気を作り出しています。
編集やプロダクションデザインはカーペンター一家の一員、トミー・リー・ウォレス。
後にスティーブン・キング「It」のテレビシリーズや、シリーズ物ホラーの続編を監督したりする人ですね。
特殊メイクは「遊星からの物体X」「ハウリング」などのロブ・ボッティン。
「ザ・フォッグ」では派手な特殊メイクはありませんが、幽霊のリーダー「ブレイク」も演じて大活躍しています。

エンドクレジットでは、役名にカーペンター監督と縁のある人の名前が使われている事に気付きます。
例えば前述の
トミー・(リー・)ウォレスや、カーペンターの旧友であり「エイリアン」「ゾンゲリア」等の脚本や「バタリアン」の監督と脚本でも知られるダン・オバノンなど。
楽しみながら映画作りをしている感じが伝わってきますね。

小学生の頃、土曜日に学校から帰ってくると、昼過ぎの90分枠の洋画番組でよく放送してましたね。
神秘的な霧に亡霊伝説を絡めたストーリーはとても雰囲気があります。
ジョン・カーペンターとしては珍しい古典的なオカルトですが、よくまとまった作品で気に入っています。



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/08/03(金) 15:20:53|
  2. オカルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「サスペリア」 イタリアンホラー界の名匠ダリオ・アルジェント監督の美的センス炸裂! | ホーム | 「家」 メジャースタジオ制作の70年代オカルト映画の佳作>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/165-2a26e05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR