ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「死霊のはらわた」 スプラッター映画を世界中に知らしめた傑作!サム・ライミ監督の本格デビュー作品!

死霊のはらわた (原題:EVIL DEAD)
アメリカ1984年度作品

               
スパイダーマンを現代に蘇らせたヒットメーカー、サム・ライミ監督伝説の商業映画デビュー作にして、スプラッターホラーという言葉を世間に定着させた立役者的作品。
飛び散る血や体液や得体の知れない液体に、細切れにされた人体。。。
初めて見たときは余りのぐちゃぐちゃぶりに衝撃を受けました。

ストーリーはシンプルです。

男女5人の若者が森の中にある小屋に遊びにやってくる。
その小屋で見つけたテープレコーダーを再生すると、何やら不気味な呪文が…
それは、発掘された古書に書かれた悪霊を甦らせる呪文が録音されたテープだったのだ。
甦った悪霊は次々と若者に取り憑き、他の仲間に襲い掛かった。
取り憑かれていない者は生き残る為、醜い姿に変身した友人と壮絶な殺し合いを演じる事になります。
                 
極低予算で仲間内でワイワイやりながら作った映画なのに、映画界の常識を覆してしまうほどの影響を与えたのも頷けます。
「死霊のはらわた」を見て、スプラッターを限度を超えて突き詰めていくと最後はコメディになってしまうと知った人も多いのではないでしょうか。
ブルース・キャンベルの演技も加わり、当時はゲラゲラ大爆笑しながら見ましたね。
                 
トム・サリバンの特殊メイク技術をはじめ、低予算ならではの工夫があちこちに散りばめられていて色々な意味で面白いです。
チープなコマ撮りアニメーションも、この作品のキッチュな味わいを一層強調しているんですよね。
また高額なステディカムカメラが使えないため、自作したしたシェイキーカムカメラで死霊目線の映像を撮ったりもしています。
                 
今思えば、これがホラー映画の一つのターニングポイントだったと思います。
「死霊のはらわた」が無ければ今のホラー映画の流れはなかったでしょうね。



 

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/07/14(土) 17:41:29|
  2. スプラッター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「死霊のはらわた2」 スプラッター度は落ちたものの、破壊的なパワーは前作以上!恐怖と笑いが入り混じるスラップスティックホラー! | ホーム | 「食人族」 フェイクドキュメンタリーなのに嫌悪感たっぷり…偽物の中に部分的に本物が…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/142-42ab3484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (35)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (77)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (24)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR