ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「食人族」 フェイクドキュメンタリーなのに嫌悪感たっぷり…偽物の中に部分的に本物が…

食人族 (原題:CANNIBAL HOLOCAUST)
1980年イタリア映画 



日本公開時はまるでドキュメンタリー映画という触れ込みでした。

ところが実際に見てみると思いっきり作り物。

しっかりカット割りされてきれいに編集されてます(笑)

フェイクドキュメンタリーってやつですね。

これをまるで本物のドキュメンタリーのように宣伝した日本の配給会社には悪意を感じますねえ。

         
アマゾン奥地の現地民族を取材に行って行方不明になった4人の取材班。
捜索隊が彼らを追ってジャングルの奥深くへ入っていくと、そこには人間を食料として食べる習慣を持つ民族が居た。

そしてその民族の村の近くで消息を絶った4人の無残な遺体と、カメラ、フィルムを発見する。

彼らが残したフィルムを持ち帰って見てみると、現地民族に対する残酷な仕打ちと、その報復に殺害される取材班の姿が写っていた。。。

         
「食人族」というタイトルから残酷シーンばかりが続く映画と思いきや、終始人を食ってる映画ではなく、原住民の奇習を取材班と共に見ていく探検映画的な作りです。
前半は捜索班が取材班を探しながら食人族の風習を追い、後半は取材班の愚行と殺されるまでを描くという2部構成。

イタリア映画なだけあって、人間を切り刻むような残酷シーンは気合いが入っています。
ドキュメンタリー風にチラチラ物陰から撮ったり、フィルムの痛みを表現したようなノイズを入れる手法はわざとらしいですが、それが効果的に働いている箇所もあります。
         
また、フェイクドキュメンタリーといっても見てて気分が悪くなる部分がいくつかあります。
まず女性への暴力や嬰児を殺めるシーンなどは、ヤラセと分かっていても凹みます。

さらに精神的にダメージを食らう点が2点。

一部、本物の遺体や処刑シーンを写した映像を使っている事と、本物の動物を殺す場面。

本物の亀、豚、猿、ネズミ(?)などを容赦なく殺しています。

映画という娯楽、商業のために動物の命が奪われている事に大きな嫌悪感を感じます。

         
逆に見せ場である人間を殺して食べるシーンの方が気楽に見れます。
やはり映画は作り物であるという前提があって初めて楽しめる物だと思います。

「食人族」はその一線を越えてしまっているのが個人的に許せません。

         
ただ映画としてのアイデアは面白いし、決してつまらなくはないので、倫理的にどうなの?と分かっていながら見ちゃう自分に自己嫌悪。。。
あ、お尻の穴から口まで極太の棒を貫通させた遺体のシーンは、フェイクと分かっていても衝撃的です。

【追記】2015年11月、ついにBlue-ray発売!


   


「食人族」ファン向けの類似作品群(笑)
   
   

 

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/07/13(金) 13:57:24|
  2. スプラッター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「死霊のはらわた」 スプラッター映画を世界中に知らしめた傑作!サム・ライミ監督の本格デビュー作品! | ホーム | 「ラストハウス・オン・デッド・エンド・ストリート」 知る人ぞ知る、伝説のグラインドハウス・スプラッター!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/141-3be1379a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (35)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (77)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (24)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR