ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ビヨンド」 イタリアのスプラッター映画の名匠(迷匠?)ルチオ・フルチ監督のスプラッター

ビヨンド (原題:THE BEYOND)
1981年イタリア映画



ルチオ・フルチ監督作品で、ゾンビ映画「サンゲリア」のヒットで味を占めた先生、「地獄の門」と同様ゾンビを登場させています。
でもゾンビが主役という訳でもないし、ゾンビに襲われて感染したり殺されたりといった描写は無く、呪いが伝染したり災いを呼ぶといった展開なのでゾンビ映画と呼ぶには出番が少ないんです。

フルチ作品の中でも残酷度の高い描写から根強いファンが多いのがこの「ビヨンド」。
酸で顔を溶かしてみたり、犬に食い殺させてみたり、少女の顔面を銃で吹き飛ばしたりとやりたい放題。
特殊メイクはフルチ監督のお気に入り、ジャネット・デ・ロッシ。
今回も残酷メイクが冴え渡っております。
 
ストーリーはフルチ先生お得意の「地獄の扉が開き、死者が蘇った!」パターンです。
脚本も例の如くダルダーノ・サケッティ。
まあはっきりいってストーリー展開はよく分かりません。
さっきまで生きてた女性が、場面が切り替わるといきなり酸で顔面がドロドロ溶けてたりとか、唐突にスプラッターシーンが始まったりするので観客はかなり置いてけぼりを食らいます。が、それもフルチ先生の味。
見る我々も作品に身を委ねて見ると、何ともいえない気だるさ、陰湿さ、ゆるさ、グロさ、くだらなさが非常に心地よくなってくるから不思議。
余韻を残すエンディングなんてなかなか味わい深いです。
         
最初から否定的にならず、フルチ監督に付き合ってあげるくらいの気持ちで見た人の勝ちです。
それが出来たら、フルチワールドにどっぷりはまる事うけあい。
ほんと、この監督はクセになりますよ。

 


 

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/07/13(金) 12:20:17|
  2. スプラッター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「地獄の門」 「サンゲリア」のルチオ・フルチ監督、伝説の残酷描写が満載! | ホーム | 「ゴアゴアガールズ」 H.G.ルイス監督が最後期に放った渾身のスプラッター!そこまでやるか!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/138-43cd0528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (6)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。