ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ゾンバイオ 死霊のしたたり」 「死霊のはらわた」と並ぶ超ハイテンションスプラッタームービー!

ゾンバイオ 死霊のしたたり (原題:RE ANIMATOR)
アメリカ1985年度作品
        


80年代のホラー映画ブームを牽引したエンパイアピクチャーズ一番の傑作です。
原作はH・P・ラブクラフトの「死体蘇生人ハーバート・ウエスト」。 
(変な邦題に涙が止まりません。。。)
 
死体を生き返らす薬を発明した天才医学生ハーバート・ウエストが主人公。
医大の遺体安置所へ忍び込み、実験用の死体へ勝手に薬を投与。
死体は生き返るが、生き返らせたところで言う事を聞くわけも無く、医大の中で大暴れ。
その騒ぎを聞きつけて様子を見に来た学長を生き返った死体は殺してしまう。
ハーバート・ウエストは死んだばかりの学長の遺体にも薬を投与。
何とか学長も生き返るが、騒ぎの責任を取らされて謹慎処分となってしまう。
その騒ぎの様子を見ていたヒル教授は、ハーバート・ウエストの研究を横取りしようと企む。
研究を渡すよう脅迫してきたヒル教授に対しハーバート・ウエストは、スコップで首を切断して殺害。
首と体別々に薬を投与してみると、何とそれぞれを別々に生き返らせる事に成功。
しかしゾンビとなってもずる賢いヒル教授は、自分の生首を体に抱えさせ、連鎖的に色々なトラブルを引き起こしていきます。
 
この作品のハチャメチャなパワーはすごいです。
制作陣の悪乗りも激しく、サム・ライミの「死霊のはらわた」と良い勝負。
内臓もぐっちゃぐっちゃ飛び出すしグロ描写もたっぷり。
ブラックユーモアもたっぷりで笑いながら見れます。

特殊メイクはアンソニー・ダブリンとジョン・ナウリン。
聞いた事の無い人たちですが、「フロム・ビヨンド」などにも携わっていた模様。
ちなみにクレジットこそされていませんが、ジョン・カール・ビュークラーも参加していたようです。
 
B級映画ですがメジャースタジオのA級作品には絶対マネ出来ない強烈な作品。
ホラーファンなら是非一度挑戦してみてください。

【2013年4月追記】
Blu-rayが発売にされました!
HDリマスターとしてはゴミがやや多いのが気になりましたが、Blu-rayソフトの情報量によって高品質な映像が楽しめます。

   

 

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/07/12(木) 12:20:02|
  2. ゾンビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「悪魔の墓場」 ゴア描写とゴシック調映像のアンバランスさが魅力のゾンビ映画 | ホーム | 「28週後…」 前作より遥かにスケールアップ!またもや人間の狂気と感染者の恐怖が襲いかかる!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/126-246134ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (6)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。