ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「エド・ゲイン」 数々のホラー映画に影響を与えた実在の連続殺人鬼!

エド・ゲイン (原題:ED GEIN : THE BUTCHER OF PLAINFIELD)
2007年アメリカ映画



エド・ゲインといえば、「悪魔のいけにえ」「サイコ」「羊たちの沈黙」に多大な影響を与えたとされる実在の殺人鬼。
この映画のタイトルを見れば、誰だって事実を基にしたノンフィクションであると思いますよね。
ところがどっこい、この作品は真実をかなりアレンジしています。
娯楽作品として多少の脚色は仕方ないと思いますが、そんな程度じゃないんですよ。
スラッシャームービーの定石にはめるために完全に事実を歪曲している。
近年の殺人鬼がお手本とした人を描いた作品でありながら、その作られた殺人鬼たちのマネをさせちゃってるのがダメ。
模倣犯たちに対する最大のアドバンテージは「現実である」ことなのに、わざわざフィクションにしてしまうなんてねぇ。
ライオンズゲートじゃ仕方ないか…。
                 
実際のエド・ゲインは、うつろな目のちっさいおっちゃんだったのに、エド・ゲインを演じたのはジェイソンやレザーフェイスを演じたケイン・ホッダー。
体はデカイは、眼光鋭いはで、実物よりもはるかに凶悪。
でもどこにでもいる気の弱そうなちっさいおっちゃんが犯人だったというところが恐怖な訳ですよ。
絵に描いたようなサイコキラーな風貌じゃ逆に怖さ半減。分かってないなあ。
                 
しかも現実を歪めて脚色したくせに、フィクションとしての出来もイマイチ。
まず視点がバラバラ。エド・ゲイン視点かと思えば、副保安官視点になったりと、感情移入するキャラクターが見つけられませんでした。
この副保安官の行動も呆れるほどアホ。パトカーにフィアンセ連れ込んで乳繰り合ったり、出張にフィアンセを連れ出してロングドライブしたり。
出張先で母親が行方不明になったと聞けば、警官とは思えない無謀運転で家路を急ぎ、しまいにはパトカーを横転させてフィアンセは車外放出。
助けを呼びに行くと重症の彼女を道端に残して立ち去って、殺人鬼に連れ去られる始末。
他にも被害者の身内を殺人現場まで連れ回す警官とかありえないことだらけ。
ただでさえ大根役者ばかりなのにアホな行動パターンのおかげでリアリティは皆無です。
                 
一歩間違えばすごく面白くなる素材であったはずなのに、とっても残念な結果になってしまった一作です。
ただ「サランドラ」のマイケル・ベリーマンが拝めたのは嬉しかったけど(ちなみに瞬殺)。
                 
もしもリアルなエド・ゲインが見たいならば、2000年に作られたスティーブ・レイルズバック主演の「エド・ゲイン」をお勧めします。
こちらは派手な演出はないもののふつーのおっさん風のエド・ゲインだし、より史実にも忠実で不気味です。


 

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/07/10(火) 19:10:20|
  2. スラッシャー(殺人鬼)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「キラーデンティスト」 歯医者嫌いの人は要注意!麻酔無しで歯を痛めつける殺人歯科医! | ホーム | 「レイジ34フン」 地下鉄構内に取り残された女性の恐怖の一夜!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horrormovies.blog.fc2.com/tb.php/116-dc5fe729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (6)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR