ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ」 マッドマックス風味の豪州製ゾンビ映画

「ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ」
(原題:WYRMWOOD : ROAD OF THE DEAD)
2014年オーストラリア映画




「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のヒットにあやかった胡散臭さプンプンの邦題が怪しさ満点のゾンビ映画。

地球に大量の流星が降り注いだことにより、血液型がRH-の人々を除く全ての人間がゾンビ化してしまう。
ゾンビの襲撃から家族を守ろうと郊外へと逃げ出したバリー(RH-)だったが、車で移動中、妻子がゾンビになってしまう。
悲しみの中で家族を撃ち殺したバリーは、森の中で暮らす妹ブルック(RH-)を助けるため、途中で出会ったアボリジニの男(RH-)と共に先を急ぐ。
その頃ブルックは武装した男たちに拉致され、研究所のような室内で拘束、科学者風の男からゾンビの血液を繰り返し注射していた。
男たちは、血液型がRH-のブルックにゾンビの血を混ぜる事で、ゾンビウイルスの血清を作ろうとしていたのだった。
しかしゾンビの血液を体内に取り込んだ彼女の体には異変が起きていた。
ゾンビの行動をコントロールできるようになっている事に気付いたブルックは、研究室に繋がれたゾンビを操って科学者を倒し、拘束具を取り外す。
そしてドアを開けると、研究所と思われたその場所は走行中のトラックのコンテナの中だった。
ちょうどそこへ兄バリーたちが乗った車が現れ、トラックの荷台から飛び移って脱出に成功する。
しかし、武装した男たちが、RH-の血液を持った彼らの追跡を開始する。。。

低予算なのは目に見えて分かりますが、お金が無いなりに丁寧に作ったのが分かるため、気持ち良く見れる作品でした。
良く出来た低予算作品に共通する、低予算をアイデアでカバーする手法が効いています。
人体損壊のようなゴア描写は控え目であるものの、目立つゾンビにはそれなりに特殊メイクが施されていて、この規模の映画としては及第点だと思います。
銃撃によって飛び散る肉片や血飛沫などはCG丸出しですが、それを見せ場としている訳ではないためあまり気にはなりませんでした。
惜しむらくは、チープさを強調しすぎる安易な邦題かなあ。

ちなみに、「マッドマックス」っぽいかと言われると、個人的にはう~ん…という感想です。
【プロテクター付きの衣装】【装甲付きの車】といったマッドマックス的なアイテムは抑えているのですが、何かが違う。
舞台が緑豊かな森の中というのが「マッドマックスっぽくない」と思わせてしまう原因のような気がします。
マッドマックスといったらやはり殺伐とした荒野や砂漠のイメージですからねえ。
せっかく同じオーストラリアで撮るんだったら、似たような景色を使えばよかったのになあ。
原題の「ROAD OF THE DEAD」も、「マッドマックス2」の英題「ROAD WARRIOR」にかけてるようですし、気持ちは伝わるんですけどね。

ただゾンビ映画としては、血液型やゾンビを意のままに操れるといった仕掛けの他にも、独自の解釈が色々と盛り込まれてて面白かったです。
まず隕石の影響で地球上の燃料が全てただの水のようになってしまうのですが、その代わり、ゾンビの血や吐息が燃料になる事が発覚します。
そのため、主人公の足となるトラックの荷台には、いつも燃料用のゾンビが積まれています。
またこの映画のゾンビは、昼間は口から燃料となる息を放出しているため動きがノロノロなのですが、夜になると燃料の放出が止まって機敏に動けるようになります。
おかげで日が暮れた途端に車が停止してしまい、ゾンビに囲まれた車内で夜を明かす羽目になってしまいます。
こういった仕掛けが用意されているので退屈はしないのですが、これら全ての要素を存分に活用するには、100分弱の上映時間の中ではちょっと厳しかったかな。

続編が企画されているようなので、この設定をもっと活かした新しい展開に期待しちゃいますね。
個人的には、豪風ミシェル・ロドリゲスなブルックちゃんのアクションシーンを増やして欲しいです!



テーマ:ゾンビ映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/01/17(火) 20:16:18|
  2. ゾンビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (6)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR