ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~」 北米で放送禁止になった三池崇史監督作品

「インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~」
(原題:IMPRINT)
2006年アメリカテレビシリーズ




三池崇史監督の短編です。
ホラー映画界の大御所監督がそれぞれ1時間程度の持ち時間で、一話完結の短編を持ち寄って放送されたテレビシリーズ「マスターズ・オブ・ホラー」。その1stシーズンに含まれていた作品。
このプロジェクトに参加したのは、ジョン・カーペンター、ジョン・ランディス、トビー・フーパー、ダリオ・アルジェント、ジョー・ダンテ、ドン・コスカレリなどなど、どの監督もホラー映画ファンなら一度は聞いた事のある超有名監督ばかり。
その中に三池監督が入っていると聞いた時は、同じ日本人としてヒジョーに誇らしかったです。
ところがです。残念なことに「インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~」はアメリカでは放送されなかったそうです。
余りにも凄まじい内容であるため、テレビ局側が三池監督のこの作品のみ放送を見送ったとか。
残酷描写には甘いアメリカのケーブルテレビでさえ放送できないなんてどんな作品だったのか…

惚れた女郎、小桃を探して離島の遊郭を訪れたアメリカ人記者クリストファー。
しかし島の人間から小桃の情報は得られず、一泊して翌朝の船で帰る事にした。
その夜、クリストファーは遊郭の陰に潜むように佇んでいた女郎の事が気になり、部屋に呼び寄せた。
部屋の明かりに照らし出された女の顔は、半分が鬼のようにつり上がった奇形だった。
その女に小桃の事を尋ねると、男が迎えに来るのを待っていたが、つい先日死んで葬られたと聞かされる。
絶望するクリストファーにそっと寄り添う女。
女が身の上話を語り始めるとその不幸な生い立ちに興味を惹かれた男は、次々と過去を聞き出そうとする。
そのうち女は、遊郭の女主人の指輪を盗んだ事を白状し、その犯人と間違われた小桃が惨たらしい拷問を受け、そして、瀕死の小桃を極楽へ送るために自分が絞殺した事を告白する。
激高するクリストファーに対し、自分が過ごした異常な幼少期からの人生を語り出し、そして、衝撃の事実を明かす。。。

これはね、ちょっと危険な映画です。
一人の女を探しに来たせいで次々と色々な事実が明らかになっていくのですが、それがどれも病んでるエピソードでヤバイ。
明かされてゆく内容が、奇形、シャム双生児、近親相姦、堕胎、嬰児殺し、親殺し…といったタブーの盛り合わせ。
一般的な映像作家が描くのを躊躇しそうな内容を全部盛り込んで描いちゃった感じです。
遊郭で客引きやってる小人のおばさんなんて、梅毒かなんかで鼻が半分無いし。
これじゃ確かに放送できませんね。

小桃の拷問シーンも酷い。
束ねて火をつけた線香を脇の下に押し付けたり、手の全部の爪の間に針をブスブス刺したり、唇をめくって歯茎に針を刺したりと、見てるだけで神経が疼くような痛いシーンの連続。
三池監督自身も出演したイーライ・ロス監督「ホステル」の拷問シーン以上でした。
ここまで痛いのは「キラー・デンティスト」以来かな(汗)

そんな容赦のない映像で、三池監督はベテラン大物ホラー映画監督たちを差し置いて放送禁止という快挙を成し遂げた訳です。

ドロドロした暗い舞台でありながら、照明や登場人物の髪に色を付けたり、また衣装デザインもちょっとモダンになってたりと、作品全体がポップかつ毒々しい雰囲気に彩られています。
日本の山村の風景が幻想的に映し出されます。
テーマはえげつないのにどことなくアーティスティック。
三池監督、すごいです。

出演者は、奇形の女郎に工藤夕貴。彼女で持ってる映画といっても過言じゃない存在感です。
クリストファー役は、「アンタッチャブル」で殺し屋を演じたビリー・ドラゴ。
女郎の女主人は、朝ドラ「まれ」で掃除のおばちゃんを演じていた根岸季衣。
小桃を虐める拷問人が「ぼっけえ、きょうてえ」の原作者である岩井志麻子。←怖すぎ 

出ている俳優は日本人が中心ですが、言語は英語です。
日本語吹き替えで見た方が雰囲気がありそうなのですが、残念ながらDVDは英語音声&字幕のみ。
ちょっと残念ですね。

撮影手法は日本映画的な長回しが中心です。
舞台の演技をそのまま録画したような撮り方ですね。
個人的にはアメリカ映画のように細かくカットを分け、状況を見せる引きの映像と、登場人物の表情を見せる寄りの映像を使い分けた方が好きなのですが、海外で勝負するにあたっては日本的な見せ方の方が効果的ですね。

実は、DVD発売前から見たいと思っていたにも関わらず、60分の短編DVDにお金を出すのが何となく惜しくて見てなかったんです。
で、ちょっと前に意を決して購入して見たのですが、いや~、例え短編でもこれはお金を出す価値は十分にありますね。
下手な90分の劇場用映画を買うより全然濃厚。
日本のホラー映画新時代を築いた一本として激しくお勧めします♪



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2015/09/28(月) 00:41:44|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「The FEAST/ザ・フィースト」 観客の予想を裏切りまくるモンスターホラー

The FEAST/ザ・フィースト
(原題:FEAST)
2006年アメリカ映画




テレビ番組の中で考案された企画が元になった作品。
マット・デイモンとベン・アフレックらが設立した映画会社によって、劇場用映画として製作されています。
製作総指揮はマット&ベンの親友コンビに、「エルム街の悪夢」「スクリーム」のウェス・クレイブン監督など。
監督は、「バタリアン」「エルム街の悪夢2」にも出演していた名脇役俳優クルー・ギャラガーの息子であるジョン・ギャラガー。

一癖あるアウトローたちが集う荒野の真ん中に建つバー。
そこに突如、血まみれのタフガイが飛び込んでくる。
その男の手には、不気味なモンスターの生首が抱えられていた。
荒野を車で走行中、道路に現れたモンスターを跳ね飛ばし、車は大破、モンスターは死亡。
しかしモンスターには4匹の仲間がおり、襲い掛かってきたためバーまで逃げてきたという。
狼狽える店内の者にテキパキと指示を出して戸締りをさせたタフガイ。
彼が窓から外の様子を見た瞬間、窓を突き破ってきたモンスターに頭部を食われて呆気なく死んでしまう。。。

ここまでだとよくありがちなモンスターホラーかと思いますよね。
でもこの映画のすごいところは、ホラー映画の定石のパターンとして絶対に生き残りそうな人がガンガン死んでいくこと。
冒頭、登場人物とそのニックネーム紹介と共にそれぞれが生き残る確率を考察したテロップが流れるのですが、物語の中では完全無視。
「えぇっ!?その人って殺されちゃうの!?」という驚きと笑いの連続です。
死亡フラグの立っていない人が一通り殺された後、下層のキャラが先頭に格上げされて戦う事になります。
このキャラクターの使い方が面白い。

こんな予想を裏切る展開も含め、かなりコメディ色が強くて笑えるシーンが続きます。
最初から最後まで様々な液体(血液、体液、吐しゃ物、精○など)が飛び散りまくり。
こういった汚らしいスプラッターシーンで笑いを誘うあたりはサム・ライミの「死霊のはらわた」のようでした。

モンスターに襲われた人間の特殊メイクは結構グッチャグチャでしたが、モンスターの姿があまりはっきり見えなかったのが残念。
あとそのモンスターの正体も明かされなかったのも不完全燃焼。結局何者だったんだろう?

出演者は「ワイルド・オブ・ザ・デッド」のナヴィ・ラワット、「ファイナルデッドサーキット」のクリスタ・アレンなど。
他にもどこかで見た事があるような俳優さんが多く出ているんですが、どこで見たかが思い出せない。。。
あ、あと、監督のお父さんであるクルー・ギャラガーもバーテンダー役で出ています。

この「ザ・フィースト」や「死霊のはらわた」のように、グチャグチャをやり過ぎる事で笑いに繋げたスプラッター映画って個人的に大好きです。
小細工でクスクス笑いを誘うのではなく、ひたすら豪快に体液をまき散らす事で生まれる爆笑はストレス発散になります。あくまでも「個人的には」ですけど。

ちなみにこの後シリーズ化され3作目まで作られていますが、パワフルさではこの1作目が一番だと思います。



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2015/09/25(金) 09:22:54|
  2. モンスター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「食人族」のBlu-rayが発売中止【追記あり】

11月に発売予定だった「食人族」のBlu-rayが発売中止になったそうです。
理由は作品中で動物が殺されている事に対しクレームが発生したからとか。
まあ動物が殺されるっていうのは確かに不愉快です。
我が家もずっと犬などペットを飼っているので、たとえ小さな命でも粗末に扱うのは許せません。

でも映画って、その当時の世相などを映し出す鏡みたいなもの。
現在のように動物愛護精神に乏しかった過去を遡れば、動物を虐待した映画は山ほど存在します。
実際に「食人族」公開当時は、嫌悪感を与えながらもどうにか世間にも許容されてきた訳です。
35年も前に作られた作品に当時の世相も鑑みずに否定するのもどうかと、個人的には思います。
私は、そんな過去があるからこそ今がある、と考えているのですが。

動物虐待以外にも、名作として評価されている作品でさえ、現在ではタブー視される内容を含んでいる場合があります。
差別用語や障がい者の扱いなど、現代の作品では明らかに公開できない内容です。
それが今でも作品として販売されたりしていますが、見ている方も「こんな時代があったね」と割り切って見ています。
そんなもんじゃないでしょうか、映画って。

先にも書いた通り、えげつないホラー映画ばかり見てるワタクシでも動物は大好きです。
決して映画の為に動物を殺してもいいと思っている訳ではないのでその点はご理解くださいませ~。

しかしこなってくると、今後「食人族」の新しい映像ソフトの発売は難しくなるのでしょうか。
ファンなら今購入可能なDVDをとりあえず抑えた方が良いのかもしれませんね。

↓発売中止のBlu-rayが掲載されているamazonのページ(多分そのうち閲覧できなくなるでしょう…)


↓「食人族」の旧版DVD(もうすでに表示されないページもありますね…)
   



当ブログの「食人族」紹介記事は下記
http://horrormovies.blog.fc2.com/blog-entry-141.html


<2015.09.19追記>
当初発売予定だったハピネットから、発売元がニューラインに変更されて11/21に無事発売されるそうです。
内容はハピネットが発表していたままだとか。
これ、世間の声に押されてハピネットが投げた企画を、ニューラインが拾って引き継いだということ?
裏がどうなってるかは分かりませんが、買おうと思ってたファンは一安心ですね。
ただ、この報道が出てすぐ、過去に発売された全ての「食人族」のDVDがamazonから削除されています。
ということは、ニューラインから出るBlu-rayもamazonでは買えないのでしょうかね?

ちなみにこのニュース、天下のyahooニュースで連日報道されています。
「食人族」がyahooでネタにされるなんてスゴイな(笑)


テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2015/09/18(金) 00:19:29|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「ゴースト・イン・京都」 京都で撮影されたアメリカ製オカルト映画

「ゴースト・イン・京都」
(原題:THE HOUSE WHERE EVIL DWELLS)
1982年アメリカ映画




ちょっと前の話題ですみません。
NHKの朝ドラ「マッサン」を見てた時、日本家屋で暮らすエリーの姿に、むかしレンタルビデオで見た「ゴースト・イン・京都」というアメリカ製ホラーを思い出しました。
これ、日本に移住してきたアメリカ人ファミリーが、暮らし始めた家に取り憑いている侍の亡霊に襲われるという怪談調オカルト映画でした。
「ダーティ・メリー クレイジー・ラリー」「わらの犬」にも出ていたスーザン・ジョージが一家の奥さん役で、その金髪美女と日本家屋の組み合わせが「マッサン」と被ったんですね。
久しぶりに思い出してからは日増しに見たい気持ちが強くなってまして、もう抑えきれなくなってきました(汗)

ちなみにスーザン・ジョージは霊に取り憑かれてしまい、畳の上に敷いた布団の上で大胆にやりまくります。
改めて考えると、日本でこんな映画が撮影されていたなんてちょっと驚きですね。
監督は、食用人間を畑に埋めて栽培するというぶっ飛びホラー「地獄のモーテル」や、シドニー・シェルダン原作のTV映画「ゲームの達人」などを撮ったケヴィン・コナー。
ビデオはものすごくショボイイラストのパッケージだったのですが、見てみたら意外と見れる内容の作品だったのを覚えています。
つい最近知ったのですが、東映の日本人スタッフが撮影に協力したそうです。
外国映画としては珍しく、日本のイメージがそれほど歪曲されていないのはそんな事も理由かもしれません。

マイナーなB級映画ですから当然日本ではDVDなど発売されていませんが、アメリカではしっかりソフト化されています。
日本でロケされた珍品映画ですから、興味のある日本人も多いのでは?
ワタクシ、日本語字幕の付いたDVDが手に入るなら即買いです!
ソフトメーカーさんの英断に期待しております!!

年齢を重ねてもかわいいスーザン・ジョージ♪
http://www.susangeorgeofficialwebsite.co.uk/


テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2015/09/04(金) 01:13:12|
  2. オカルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (35)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (77)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (24)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR