ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「クリープショー」 ロメロ×キング×サビーニ!伝説の傑作オムニバスホラー!

クリープショー
(原題:CREEPSHOW)
1982年アメリカ映画




今や伝説の名作ホラー映画です。
監督は「ゾンビ」「死霊のえじき」等のジョージ・A・ロメロ、脚本はホラー小説の帝王であり「シャイニング」「キャリー」「デッドゾーン」の原作を書いたスティーブン・キング特殊メイクは「ゾンビ」「死霊のえじき」「13日の金曜日」「バーニング」「ローズマリー」「悪魔のいけにえ2」他、80年代を代表する幾多のホラー映画に参加してきたトム・サビーニ
それぞれの分野の第一人者が三位一体で仕上げたのがこの「クリープショー」です。
5話の短編からなるオムニバスで、1950年代に子供達の間で人気のあった「ECコミック」というホラー漫画へのオマージュと言われています。

1982年に制作されたものの長らく日本未公開でしたが、一部マニアの間で評価が高く、また海賊版ビデオの人気などから1986年にようやく日本でも劇場公開されました。
サム・ライミ監督の「XYZマーダーズ」との豪華二本立てで公開され、当時中学生だった自分も劇場まで足を運んで見ました。


プロローグ
子供(キングの息子、ジョー・キング)が部屋で俗悪ホラー漫画「クリープショー」を読んでいると、父親(トム・アトキンス)に見つかり外へ捨てられてしまう。
風に煽られてめくれたページから死神が現れ、悪夢の物語が始まる。。。

1話目「父の日」
家族皆に嫌われている偏屈親父を介護していた娘は、わめき散らす父親に耐え切れず殴り殺してしまう。
数年後、父の日を祝うために家族が家に集まると、そこに復讐のため、白骨化したゾンビとなった父親が現れる。。。
娘の婿役に、有名になる前のエド・ハリスが扮しています。

2話目「ジョディ・ベリルの孤独な死」
空から降ってきた隕石を拾った貧しい農夫ジョディ・ベリル(スティーブン・キング)。
隕石で一攫千金を夢見るが、隕石に触れた手からは苔のような植物が生え始める。
そしていつしか植物はジョディの全身を覆い、絶望した彼は。。。
特殊な状況が悲劇を生み出すという、いかにもスティーブン・キングらしいお話です。

3話目「押し寄せる波」
浮気した妻(「ゾンビ」のゲイラン・ロス)とその浮気相手(「スリーメン&ベビー」のテッド・ダンソン)を海岸の波打ち際に首だけ出して埋め、満ち潮を利用して溺死させた男(「裸の銃を持つ男」のレスリー・ニールセン)が主人公。
水死体となった2人は、ゾンビとなって復讐に訪れる。。 。
海草にまみれ、肌が海水でふやけた海ゾンビのいでたちはなかなか強烈です。
レスリー・ニールセンの狂気に満ちた演技、「ゾンビ」でフランを演じたゲイラン・ロスが見もの。

4話目「箱」
歴史のある大学の階段下から見つかった古い木箱。
蓋の隙間からは恐ろしい怪物が見える。
大学教授(「ダーティハリー2」のハル・ホルブルック)は、自分の鬼嫁(「ザ・フォッグ」のエイドリアン・バーボー)を怪物に食わせてしまおうと画策する。。。
怪物は鋭い牙と鋭い爪を持つ凶悪なマントヒヒ(?)みたいな姿です。

5話目「奴らは群がりやってくる」
潔癖症の会社社長(「十二人の怒れる男」のE・G・マーシャル)は無菌室のような部屋に住んでいる。
ゴキブリを極度に嫌い、部屋で見かけると問答無用で叩き潰す。
しかし日ごとにゴキブリは増えていき。。。
最後、社長の体を食い破って体内から出現する無数のゴキブリは、苦手な人にはたまらない映像です。
しかし名優をゴキブリまみれにするとは、ロメロ監督も怖いもの知らずですね(笑)

エピローグ
二人のゴミ清掃員(片方は特殊メイク担当のトム・サビーニ)が路上で拾った漫画「クリープショー」。
わら人形の通販広告から申込書が切り取られていた。
その頃、日頃から口うるさい父親にうんざりした少年は、父親に見立てたわら人形に何度も針を振り下ろしていた。。。


短編×5本とはいえ、1つの映画でここまで満腹にさせてくれるとはスゴイです。
それくらい1話ごとの内容が濃い。そして遊び心満載。
プロローグとエピローグで登場する死神は実写からアニメーションへと切り替わったり、各話の切り替わりは漫画のコマのように処理されていたり、恐怖に慄く登場人物の背景には漫画のような模様が現れたりするなど、架空の低俗コミック「クリープショー」を読んでいるかのような演出です。
ロメロ、キング、サビーニの3人がいかに楽しく作った映画かは一目瞭然。
そして、そんな作り手の気持ちが映像を通じて我々観客にもしっかり伝染するのがすごい。


そんなホラー映画史に残る作品であるにも関わらず、日本では10年以上前に発売されたDVDが廃盤になってから、一度もソフト化されていません。
しかも中古市場で高額取り引きされているこの日本版DVD、VHSビデオレベルの劣悪な画質です。
何万円も出して買うような商品ではありません!(買っちゃったけど。。。)
海外ではBlu-rayだって発売されている訳ですし、日本でもこの名作を高画質で楽しめるよう、ソフトメーカーさんに頑張って頂きたいですねえ。

  





スポンサーサイト

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/08/03(水) 00:20:27|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (6)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。