ホラー映画友の会

ホラーファン歴30年、今まで見てきたホラー映画を紹介します。

「わらの犬」 サム・ペキンパーの伝説のバイオレンス映画をリメイク

「わらの犬」
(原題:STRAW DOGS)
2011年アメリカ映画




サム・ペキンパーが監督した伝説のバイオレンス映画のリメイク作品。
随分前に見たのですが、前回「ポルターガイスト」のリメイクについて書いた時にまだ感想を書いていない事をふと思い出しました。
ジャンルはホラーじゃないですが、暴力映画の金字塔をリメイクした作品ってことで、レビューいってみます!

脚本家である夫のデヴィッドとともに、故郷である南部の田舎町へ引っ越してきた女優のエイミー。
物騒な都会暮らしから逃れてきた夫婦だったが、エイミーの学生時代の恋人であるチャーリーとその仲間たちに嫌がらせを受ける。
男たちの嫌がらせは徐々にエスカレートし、ある日、デヴィッドを狩りに連れ出したまま森の中へ置き去りにしたチャーリーたちは、夫の帰りを待つエイミーを襲いレイプしてしまう。
言い出せないエイミーと妻に起きた事を何も知らないデヴィッドが乗る車の前へ、知的障害を持った青年が飛び出して来る。
恋仲になっていた彼女を誤って殺してしまったために狼狽して彷徨っていたところ、夫妻の車にはねられたのだった。
怪我を負った青年を自宅へ連れ帰って保護したエイミー達だったが、青年が殺した娘の父親は高校のアメフト部の暴力的なコーチで、チャーリーたちの恩師だった。
復讐に燃えるコーチは、エイミー達が青年を匿っていると知り、銃で武装したチャーリーたちを引き連れて家へ向かった。。。

オリジナル版はダスティン・ホフマンとスーザン・ジョージが村人に襲われる若夫婦を演じていましたが、リメイク版はジェームズ・マースデンとケイト・ボスワースが夫婦役です。
ジェームズ・マースデンからはダスティン・ホフマンようなナイーブさは感じられず、またケイト・ボスワースもスーザン・ジョージのようなエロかわいさはなく、ただエロいだけの奥さんだったのが残念。
まあオリジナル版の二人と比べたら可哀想かもしれませんけど。
そんな主演よりも光ってたのは、ブチ切れコーチを演じたジェームズ・ウッズ。
この人はこういう嫌味で危なっかしい役をやらせたら最高ですね。
チャーリー役は本当にケイト・ボスワースの元カレであるアレクサンダー・スカルスガルド。
この映画の頃は付き合ってたのかな?
彼はペキンパー版でデヴィッド・ワーナーが演じてたキャラと同じく、ちょっと優柔不断さを持った悪人を好演してました。
その他出演者は、コーチたちに殺されてしまう保安官が「ワイルドスピードMAX」のラズ・アロンソ、知的障害の青年(中年か?)は「プリズン・ブレイク」のドミニク・パーセルなど。

手法としては特に筋書きは変えず、オリジナル版を忠実に再現したリメイクです。
結構細かい所までペキンパー版を再現してるんだけど、鬼気迫る感じが足りない。
何となくのんびりしてるんですよね。
こういうところが巨匠と並の監督の差なのかなあ。
とはいっても、監督のロッド・ルーリーはそれなりに実績もあり、過去にはあのロバート・レッドフォード主演作を監督したりもしています。
だから大外ししてる訳じゃないんだけど、名作をなぞるようなリメイクだからどうしても比較しちゃいますね。

先にも書いたように、主演二人のキャラづくりがイマイチだったかなあ。
エイミーは暴漢たちをちょっと挑発し過ぎ。
あれじゃ襲ってくれと言ってるように見えてしまいますねえ。
あと、ラストの暴漢たちとの戦いでデヴィッドがおどおどし過ぎなのも気になりました。
初めは優しい旦那さんだったダスティン・ホフマンが、最後はタフガイとなって戦う姿が見所だったはず。
普通の人が暴力に晒された時、自らもその暴力性に目覚めるってのがペキンパー版のテーマでしたよね。
リメイク版のデヴィッドは最後まで受け身の印象で、そこまで暴力に目覚めてなかったかな。

またペキンパー版はイギリスの片田舎が舞台でしたが、リメイク版はアメリカの南部。
「狼男アメリカン」や「ウィッカーマン」でも描かれたように、イギリスの田舎ってのは何とも言えない不気味さがあります。
アメリカの中でも南部はちょっとダークなイメージもありますが、イギリスの不気味さとはちょっと違いますね。
そういった舞台の雰囲気もペキンパー版と印象が大きく違っている要因かもしれません。

ペキンパー版を知ってるので辛口になっちゃいますが、今風バイオレンススリラーとしてそれなりには楽しめます。
こうやってオリジナルと比べて見るのも、リメイク作品の楽しみ方のひとつ。
1971年の「わらの犬」も全く色褪せていないので、未見の方は見比べてみてはいかがでしょうか。

 




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2016/04/26(火) 19:22:12|
  2. バイオレンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「処刑教室」DVD & Blu-ray発売決定!!

もう絶対に発売される事がないだろうと諦めていた、忘れられないバイオレンス映画がDVD & Blu-ray化されます!

1983年に日本でも公開された「処刑教室」です!!



不良生徒たちの暴力に耐えていた高校教師が、妻を生徒たちにレイプされた事により怒りを爆発。
次々と生徒たちを血祭りにあげていくラストはカタルシス全開。
教師が生徒の腕を丸ノコで切り落としたり、ガソリンをまいて生きたまま焼き殺したりといった復讐シーンは、バイオレンス映画というより最早ホラー映画です。
校内暴力が社会問題となっていた当時の日本でも、この「処刑教室」は大変衝撃的でした。

監督は「炎の少女チャーリー」のマーク・L・レスター。
主役の高校教師は、「デイ・アフター・トゥモロー」で合衆国大統領を演じていたペリー・キング。
生徒への恐怖から錯乱し、事故死していしまう同僚の教師を演じるのは「ヘルハウス」「フライトナイト」のロディ・マクドウォール。
不良グループのリーダーは、その整った顔立ちから当時人気があったティモシー・ヴァン・パタン。憎たらしい不良少年を演じた彼も、今や人気作品を多数手掛けるやり手テレビプロデューサーです。
そして、人気が出る前のぽっちゃりしたマイケル・J・フォックスがいじめられっ子役で出演してます。後の大スターもこの作品では不良たちに刺されてしまうという可哀想な役どころです。

レンタルアップ品を購入したVHSビデオも今ではまともに見れる画質ではなかったので、この発売は本当に嬉しいです!
「エクスタミネーター」と並んで1980年代を代表するバイオレンス映画がきれいな画質で拝めるなんてね♪
2015年12月22日発売予定らしいので、ちょっと早い、そしてちょっと血生臭いクリスマスプレゼントといったところですね~(笑)

 


テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2015/10/15(木) 20:22:26|
  2. バイオレンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ビー・デビル」 のどかな孤島で繰り広げられる惨劇

ビー・デビル
(英題:BEDEVILLED)
2010年韓国映画




暴力に耐えてきた女性が怒りを爆発させ、復讐の鬼と化す韓国バイオレンス映画
いや、生首が転がるほどの激しさなので、バイオレンスというよりホラー映画と言った方が良いかもしれません。

ソウルでの都会暮らしに疲れたOLヘウォンは、幼少の頃に住んでいた島へ休暇を使って訪れる。
昔住んでいた空家を宿に、6世帯9人の小さな島に1週間ほど滞在する事にしていた。
島では幼馴染のボンナムがヘウォンの帰りを待ちわびていた。
ボンナムには夫マンジョンと娘がおり、マンジョンの弟チョルジュンと母親と共に暮らしていた。
豊かな自然に囲まれた一見のどかな島だったが、ボンナム以外の島民たちの間には不穏な空気が流れていた。
明るく振舞うボンナムだったが、彼女には秘密があった。
かつて島中の男たちの慰み者にされ、現在も夫の弟から暴行を受けていた。
また夫のマンジョンも暴力を振るい、本土から自宅に売春婦を呼び寄せるなどボンナムに酷い仕打ちをしていた。
そんな家族や島民たちの虐待に耐えていたボンナムだったが、夫が自分の娘に手を出している事を知り、ついに島を出たいと親友ヘウォンに告白する。
しかしヘウォンはその話を信じず、一緒に島から連れ出して欲しいというボンナムの願いを聞き入れなかった。
仕方なくボンナムは、本土の売春婦に電話して、船で迎えに来て欲しいと頼み込む。
そして寝ている夫のポケットから船代を抜き取り、娘を抱きかかえて船着き場へと向かう。
停泊している船には売春婦と共に、マンジョンと親密な関係にある船頭が一緒に待っていた。
そこへ寝ていると思われたマンジョンが現れる。
髪の毛をつかみ、殴りながらボンナムを自宅へと引き摺って行く。
痛め付けられる母親を見かねた娘が足に噛み付き、それを全力で振り払うマンジョン。
弾き飛ばされた少女は石に頭をぶつけ、息絶えてしまう。
しかし島民たちが口裏を合わせたため、娘の死は単なる事故として処理された。
愛しい娘を殺されたボンナムは、鎌を握り締めて島民たちを一人、また一人と追い詰めていく。
惨劇の中、最後に生き残ったヘウォンは船でどうにか本土へと戻る事ができた。
警備隊の事務所で保護され休むヘウォンの元へ、船で追ってきたボンナムが姿を現す。
その手には巨大なハンマーが握られていた!

暴力的な映画を撮らせたら世界一の韓国
この「ビー・デビル」も、肉体的、性的、精神的に、これでもか!という程に登場人物を打ちのめします。
激しい暴力描写は、見ているこっちが「そこまでせんでも…」と突っ込みを入れたくなる程。
日本人の良識を遥かに超えたバイオレンスが展開します。

童顔の復讐鬼、ボンナムの暴走が爽快!
島民の喉元に鎌を突き立て、首を切断する場面はカタルシス全開。
それまでの恨みをきっちり晴らしてくれる所が気持ちよかったです。
ちなみにボンナムを演じるソ・ヨンヒという女優さんを画像検索してみてください。
ボンナムとは似ても似つない画像がたくさん出てきます。
かわいらしい顔つきだな~とは思っていたけど、まさかこんな美人女優だったとは。
彼女の熱演あっての「ビー・デビル」だと痛感しました。

対して残念に感じたのがヘウォンのキャラ。
導入部分では主役と思わせといて、島に着いてからは出番が一気に減ってボンナムに主役交代。
最後の最後でひょっこり修羅場に現れたかと思うと、それまで幼馴染を痛め付けていたマンジョンにあっさり加勢。
幼馴染という事で味方かと思いきや、ボンナムには結構冷たく当たるのが「あれれれ?」という感じ。
彼女の「見て見ぬふり」が物語の中で重要な意味を持つはずが、その掘り下げも足りなかったかな。
この中途半端なキャラクターがボンナムの暴走にブレーキをややかけちゃってるのが惜しい。
ボンナムの理解者という立ち位置は守りつつ、いっその事、外部の目撃者と割り切れば良かったのかな、なんて思ったり。
でもこれは完全に見方の問題であり、あくまでも私見です。

ちょっとだけ難くせも付けましたが、韓国映画のパワー、クオリティを存分に感じる事が出来る一本であるのは確か。
「悪魔を見た」「オールドボーイ」「カル」等のやり過ぎ韓流バイオレンスが好きな方なら間違いなく楽しめますよ~。
こんなパワフルな作品を見ちゃうと、日本映画界ももっと頑張ってほしいなあと思いますねえ。

ちなみに、ボンナムは山本美月、ヘウォンは橋本愛、マンジョンはなたぎ武に似てると思いました~。
↑どうでもいい情報(^_^;)

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/03(火) 19:16:03|
  2. バイオレンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「隣の家の少女」 地下に監禁され、子供たちに嬲り殺される少女。。。人間の心の闇の部分を描いた衝撃作

隣の家の少女 (原題:THE GIRL NEXT DOOR)
2007年アメリカ映画



予告編と批評を見て「絶対見たくない!」と思ってた作品。
か弱い少女を寄ってたかって残虐な方法で嬲るんですが、これが実話ベースというのがもうダメ。
どうせフィクションなんだから…という精神的な逃げ場が無いんです。
 
でも何と、親切な友人が貸してくれると言ってわざわざDVDを持って来てくれたので、物凄い嫌悪感を抱きながら見始めました。
         
事故で両親を亡くしたメグとスーザンの姉妹が、少年デヴィッドが暮らす隣の家に引き取られてきた。
デヴィッドは隣の子供たちと仲が良く、自由に家を出入りしている。
メグに密かに恋心を寄せるデヴィッドだったが、隣の友人たちの母親ルースがメグに謂れの無い濡れ衣を着せては虐待を加えている事を知る。
最初は食事を与えず、精神的に追い詰めるだけだった虐待は、激しい暴力へと際限なくエスカレート。
そしてルースはメグを地下室へ閉じ込め、自分の子供たちにもメグの虐待に加担させる。
友人やルースの圧力の中、デヴィッドはメグを助ける事ができず苦悩し。。。

もう案の定、自分が一番嫌いな類の映画でした。
友人の厚意を裏切ってでもDVDを突き返すべきだったなあ、と後悔しまくり。
ずっといや~な気分のまま見てました。

これはホラー映画ではありません。
狂ったババアに精神面を支配された子供たちが、世にも恐ろしい事件を起こすという心理ドラマです。
よって、グロやゴアなシーンは見せません。
が、直接見せないからこそ、メグが受ける苦痛の数々が想像力を掻き立てて追体験してしまうんです。
そして鬼ババアのルースは、最終的にメグの大切な部分をバーナーで焼いちゃいます。
男の自分が見てても気を失いそうになりました。。。
 
ただ先にも書いたように、人間の内面に隠された暴力的な一面を描いた作品です。
決して暴力やセックスを面白おかしく描いている訳ではありません。
普通の主婦や子供たちが見せる暴力的な側面が、見ている人間を震え上がらせ、極限の嫌悪感を味わわせます。
鑑賞後、しばらく時間を置いてから冷静に考えると、スティーブン・キングが絶賛したというのも理解できる作品です。
 
ジャック・ケッチャムの小説が原作。
でも自分は原作は読んでいません。
聞いた話じゃ原作のほうがもっと残酷で救いの無いお話なんだそうです。
この映画版ですらギリギリだったのに、そんな恐ろしい書物読めませんわ…
 
そして、この物語のベースとなった実際の事件は「隣の家の少女」でググッていけばその情報に辿り着けるはず。
気になる方はそっちも調べてみては。

  

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/07/26(木) 19:26:04|
  2. バイオレンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「鮮血の美学」 「エルム街~」「スクリーム」のウェス・クレイブン監督デビュー作

「鮮血の美学」
(原題:THE LAST HOUSE ON THE LEFT)
1972年アメリカ映画




「エルム街の悪夢」「スクリーム」シリーズの生みの親、ウェス・クレイブン監督のデビュー作品です。
しかも製作は「13日の金曜日」の生みの親であるショーン・S・カニンガム、さらには「13日の金曜日」の2作目と3作目、「ガバリン」「デイ・オブ・ザ・デッド(リメイク)」のスティーブ・マイナー監督の名前まであります。
その後のホラー映画に多大なる影響を残すフィルムメーカー達が若かりし頃、寄り集まって作り上げたのがこの「鮮血の美学」です。

余りにも有名な作品なので今さら細かく説明はしませんが、簡単にストーリーを紹介すると「娘を暴行の末に殺された両親が、犯人一味を血祭りに挙げていく」という復讐物です。
ベルイマンの「処女の泉」がベースと言いますが、う~~~ん、ベルイマン好きな自分としてはちょっと複雑です。

世間ではホラー映画のように扱われていますが、今改めて見るとちょっと強烈なバイオレンス映画という感じ。
直接的なゴア描写は控え目ですが、暴力描写が酷く、時に病的で嫌悪感を覚えるほど。
瀕死の女の子をなぶり殺したり、男の大切なところを噛み切ったりと、気分の悪さはかなりのもの。
見る前には覚悟した方がいいです。

低予算で荒削りなB級映画ではありますが、この暴力的なパワーはその後の各映像作家の作品に通じるものを感じます。
スラッシャー映画の原点とも言えるであろう「鮮血の美学」は、フレディやジェイソンのファンなら外せない一本だと思います。

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/07/10(火) 18:02:34|
  2. バイオレンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「スナッフ」 カメラ前で行われる殺人は本物か?

スナッフ (原題:THE SNUFF)
1976年アメリカ映画


 
公開当時、スナッフフィルム(本当の殺人場面を撮った映像)であると話題になった作品。
実際には当初から作り物だと言われていましたが、それでも好奇心旺盛な若かりし頃は見てみたくて仕方なかったのに、生憎近所のレンタルビデオには置いてありませんでした。
社会に出て一人暮らしをはじめた時、部屋の近くのレンタル店でついに「スナッフ」を発見!早速借りて見ました。

映画はごく普通にバイオレンスタッチのアクションドラマが始まります。
制作年代よりも明らかに古いヒッピーな方たちが殺しあったりしますが、特にホラーな展開ではなく、お色気シーンを交えつつ、そんなのを延々と見せられます。
問題の映像までは一通り映画が終わるまで待たなくてはなりません。

退屈なストーリー部分が終わると、撮影後のスタジオ内を映した映像へと切り替わります。
照明機材などが写っておりドキュメンタリーチックな感じです。
するといきなり撮影スタッフとおぼしき男が、女優をベッドに押し倒し、指をザクッと切り落とす!

うわっ!作り物ーっ!
もう露骨に偽者なわけですよ。

それから暫く解体ショーみたいなのが続きますがあまりの酷い特撮にゲンナリです。
そこまで延々と退屈な映画を見せられ、期待度MAXだったとはいえこれは酷すぎる。

後で調べてみたら、南米で作られたZ級バイオレンスアクション映画があまりにつまらなかったので、宣伝のためにアメリカの配給会社が問題のシーンを付け足して公開したというのが事の顛末だそうです。

くだらない。。。話のねたにはなりましたけどね。。。

でもね、ホラー映画なんて作り物だと分かってるからこそ見れるんです。
実際の人間が苦しみながら息絶える所なんて絶対に見たくありません。。。
そういう意味でこの映画の「殺人シーン」は、分かりやすいくらい作り物で本当に良かった。。。


         

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/13(火) 02:14:49|
  2. バイオレンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問者数

プロフィール

かひ

Author:かひ
映画大好きです。今まで映画にどれだけお小遣いを注ぎ込んだか…。でも最近はamazonマーケットプレイスで激安中古DVDを買い漁って楽しむのがマイブームです♪価格1円+送料340円なんていう素敵な値段で買えるDVDがたくさんあるんですよ~。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ホラー (34)
ゾンビ (63)
スラッシャー(殺人鬼) (76)
スプラッター (24)
オカルト (58)
SF (23)
モンスター (25)
バイオレンス (6)
その他 (2)
ひとりごと (7)
ミステリー (1)
ダークファンタジー (2)
スリラー (1)

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR